2008年01月19日

東京発着小田原方面 乗車券購入方法

東京発着東海道線で小田原方面への乗車券購入方法の開示。
通しで購入するよりも安くなります。
駅すぱあとのソフトでは2分割までは表示されますが、下記内容は
表示されません。
事前に駅窓口もしくはJTBで購入することが必要です。
定期利用されている方は、通常運賃より安くなります。
(但し、SUICA定期は対応していないので全て磁気定期になります。)
また、金券ショップでJTB旅行券を購入し、JTB窓口で手配すると
更に安く購入できます。
決して違法ではありません。JRの規則に準拠しています。

@:東京⇔東神奈川・横浜 通常:450円
   東京⇔品川       160円
   品川⇔東神奈川・横浜  280円 で440円。 差額10円.
A:東京⇔大船      通常:780円
   @プラス 横浜⇔大船 440+290=730円    差額40円.
B:東京⇔鎌倉・逗子   通常:890円
   @プラス 横浜⇔鎌倉・逗子 440+330=770円 差額120円. 
C:東京⇔藤沢      通常:950円
   @プラス 横浜⇔藤沢 440+400=840円    差額110円.
D:東京⇔茅ヶ崎     通常:950円
   @プラス 横浜⇔茅ヶ崎 440+470=910円   差額40円.
E:東京⇔平塚      通常:1110円
   @プラス 横浜⇔平塚  440+570=1010円  差額100円.
F:東京⇔小田原     通常:1450円
   Dプラス 茅ヶ崎⇔小田原 910+480=1310円 差額140円.

地方で活用できるのが「名古屋⇔浜松」。
新幹線で往復する場合、4300円(片道)×2=8600円となりますが、
「名古屋・豊橋往復切符」を組み合せると、
 名古屋・豊橋往復切符(新幹線利用):2860円
 車内で豊橋・浜松乗り越し    :1490円
 帰り、浜松・豊橋購入      :1490円 で合計5780円.
        ★差額が、2820円 となります。
 更に浜松駅前の金券ショップで浜松・豊橋間のチケット購入で
 もう少し安くなります。





宿泊予約は『まいやど』で







   
posted by バロン at 13:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79456707

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。